プリント

お知らせ

山内学長が、ブリュッセルで開催された国際会議の世界大会でスピーチを行いました

 平成24年11月20日から22日にかけて、欧州委員会は、次世代の大学学位のあり方を考える国際会議「Tuning in the World: New Degree Profiles for New Societies」をブリュッセルで開催し、全世界から大学、政府機関等の代表者約600人が出席しました。

 21日の世界大会では、山内学長が一橋大学における教育の国際化と高度化についてスピーチを行いました。
 学長は、一橋大学の歴史と大学の概要を紹介した後、一橋大学プラン135「スマートで強靭なグローバル一橋」確立のためのグランドデザインについて説明し、国際交流のさらなる促進とカリキュラムの国際化により、社会科学における日本、そしてアジアの学位の国際化に貢献する、との指針と計画を述べました。


お知らせ

Share On