プリント

お知らせ

日本学術振興会の
「組織的な若手研究者等海外派遣プログラム」に採択されました

 本学は、日本学術振興会の「組織的な若手研究者等海外派遣プログラム」に採択されました。このプログラムは、我が国の将来を担う国際的視野に富む有能な研究者を養成することを目的としています。

 本学からは、アカデミックキャリアを志す学部学生からポスドクまでの若手研究者を対象とし、最長12ヶ月の長期海外派遣を可能とする「社会科学重点大学連携強化に向けた若手研究者派遣事業」を提案いたしました。

 この事業の目的は、海外の社会科学重点大学(Schools of Social Sciences;3S)との連携による教育・研究ネットワークを構築するとともに、これまで各研究科単位で進められてきた若手研究者キャリア支援を全学レベルで実施することで、すべての若手研究者に統一的な支援の手を差し伸べることにあります。

 今後は、国際戦略本部に「若手研究者海外派遣事業運営委員会」を設け、事業全体の方針策定、派遣対象者の選考、実施成果の評価等を行うとともに、派遣計画・相談担当者を配置して派遣希望者等への適切なアドバイスを行うなど、全学体制確立のための施策を展開していきます。

※日本学術振興会が公表している採択一覧をご覧ください。

お知らせ

Share On