プリント

お知らせ

農林中央金庫による一橋大学経済学研究科への寄附講義設置について

 一橋大学と農林中央金庫(理事長:河野良雄)は、平成21年度から、一橋大学経済学研究科において、農林中央金庫の寄附講義として「自然資源経済論」を開設します。
 本寄附講義は、農業・林業・水産業などの自然資源依存型産業とそれらの産業に依拠する地域社会が衰退化への危機に直面している状況のなか、自然資源依存型産業の意義および位置づけについて見詰め直し、それらの産業に依拠している地域社会の今後における持続可能な発展をどう支えていくか、そのための新たな政策研究の必要性が高まっているとの共通認識にもとづき、農林中央金庫の子会社である農林中金総合研究所の協力も得て研究も含めた形で共同運営するものです。平成21年度は、「自然資源経済論A」(冬学期、担当:経済学研究科 寺西俊一教授・同研究科 山下英俊准教授)を開講します。

 農林中央金庫は、農林漁業協同組合等の出資により設立された協同組織金融機関として、金融を通じて我が国の農林水産業や社会経済の発展に貢献することを目的としています。本寄附講義については、CSR活動の一環として取り組むものであり、教育・研究分野への支援を通じて農林水産業の発展に資するとともに、大学院生・留学生を含む一橋大学の学生が我が国の農林水産業を学ぶ機会として極めて有益なものであると認識しています。
 一橋大学は、産業界との連携の一環として、農林水産業の協同組織の金融機関である農林中央金庫の協力を得て、今日の社会的・時代的な要請に応えていく人材の輩出と独自の共同研究が一層充実化できるものと期待しています。また、研究成果にもとづいた特別講義(市民公開の講演会やシンポジウム等を含む)を実施する、自然資源経済論プロジェクトを発足させます。

 また、プロジェクトのスタートを記念し、日本環境会議(JEC)からの貴重な企画協力を得て、市民公開講演会・シンポジウムを開催します。 詳細はこちら(PDF:112KB)をご覧下さい。

一橋大学・農林中金寄附プロジェクト発足記念
『市民公開講演会&シンポジウム “今日の経済危機と環境危機をどう乗り越えていくか”』
日 時:2009年4月18日(土) 14:00~17:00 (開場 13:30)
会 場:一橋大学 西キャンパス 本館21番教室
http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html
主 催:一橋大学・自然資源経済論プロジェクト
企画協力:日本環境会議(JEC)
参 加:どなたでもご参加いただけます。直接会場にお越し下さい。

本件に関する
お問い合わせ先
国立大学法人一橋大学・自然資源経済論プロジェクト事務局(担当:平田)
電話:042-580-8591
農林中央金庫広報部広報課(担当:平井、湯山)
電話:03-5222-2017

お知らせ

Share On