プリント

お知らせ

「世界大学ランキングと一橋大学の競争力」シンポジウムを開催しました

平成19年7月18日(水)、一橋大学国際戦略本部主催による「世界大学ランキングと一橋大学の競争力」シンポジウムを開催しました。
会場となったマーキュリータワー1階3101講義室(73席)には、学内外の参加者が多く集まり、講演開始時に満席となったため、急遽折りたたみ椅子が用意されました。
西村副学長の挨拶のあと、東北大学高等教育開発推進センター 米澤彰純准教授による基調講演「世界的大競争時代における日本のトップ大学の運命」、本学役員補佐・社会学研究科 加藤哲郎教授による講演「THES/QSランキングにみる一橋大学とLSE」、本学国際戦略本部 服部誠総括ディレクターによる講演「一橋大学の国際戦略とアウトリーチ」が行われました。3名による講演の後、参加者からの質問、意見を踏まえてディスカッション「世界標準の大学をめざして」(モデレーター 本学国際戦略本部 太田浩准教授)が行われました。
大学ランキング分野のシンポジウムは本学においては初めてではありましたが、大学の国際評価やランキングへの関心の高さが覗える大変意義深いシンポジウムになりました。

お知らせ

Share On