プリント

お知らせ

一橋大学と産業技術総合研究所が「文理共創」によるイノベーション創出へ向けた包括連携協定を締結しました

一橋大学と産業技術総合研究所は、「文理共創」を軸とした産学官連携・協力に関する協定を平成28年10月12日に締結しました。当日は、如水会館において締結式を行い、蓼沼宏一学長と中鉢良治産業技術総合研究所理事長が協定書を取り交わしました。

今後、本協定に基づき、産業界のリーダーを輩出してきた一橋大学と最先端の産業技術を生み出してきた産業技術総合研究所が、それぞれの強みを活かして連携することにより、文理共創型コンサルティングや高度経営人材の育成に取り組み、日本発のイノベーション創出への貢献を目指します。

1.文理共創型コンサルティング

産業技術総合研究所が平成27年度から開始した技術コンサルティング事業を、社会科学的知見を有する一橋大学と共に行い、未来のビジネスを企業と共に創造する「文理共創型コンサルティング」を実施します。従来の技術的なコンサルティングにマーケティング、金融、会計、経営、法律などの観点を加え、将来技術から予測したビジネスモデルやビジネス実現可能性を踏まえた開発方針などを企業に提案します。

2.高度経営人材の育成

企業の文系、理系の幹部候補生を対象に、経営と技術の両面から教育・研究を実施し、技術を理解できるCEO(最高経営責任者)や経営ができるCTO(最高技術責任者)を産業界に送り出します。「イノベーション・マネジメント博士課程」や「CTOエグゼクティブ教育」などの各種教育プログラムを開発し、一橋大学が経営の教育を、産業技術総合研究所が技術の教育をそれぞれ担当するだけでなく、最先端技術の経営的意義やイノベーションを創出する経営について討論する共創教育を実践します。

写真:締結式の様子
締結式の様子

お知らせ

Share On