プリント

お知らせ

ホイットニー先生のご子孫が来学されました

一橋大学の前身、商法講習所創設者の一人であるウィリアム・ホイットニー先生のご子孫が、本学附属図書館に所蔵されているホイットニー先生の肖像画を鑑賞するため、5月16日(土)に国立キャンパスを訪問されました。

今回来学されたのは、ホイットニー先生のひ孫にあたるジョセフ・ホイットニー氏(トロント大学名誉教授)とご家族、また、ホイットニー先生の娘クララのひ孫にあたる方々です。クララは勝海舟の息子である梶梅太郎と結婚しており、ホイットニー先生とともに日本の近代化に縁のある人物です。さらに、津田塾大学の創設者、津田梅子の父親、津田仙のひ孫にあたる津田道夫様、勝海舟の玄孫にあたる高山みな子様が、ご一行とともに来学されました。

当日は卒業生を対象とするホームカミングデーが開催されており、150年史準備室長の江夏由樹経済学研究科特任教授による記念講演において、ご一行を卒業生の皆様に紹介したのち、附属図書館にて肖像画や関係資料の鑑賞を行いました。蓼沼宏一学長をはじめ、山部俊文附属図書館長、大月康弘経済学研究科長、中野聡社会学研究科長ならびに卒業生の皆様との歓談の場も設けられ、学園史にまつわる様々な話題で盛り上がりました。

写真:肖像画を囲んでの集合写真
肖像画を囲んでの集合写真

左から中野聡社会学研究科長、山部俊文附属図書館長、ダグラス・スティフラー氏(クララ・ホイットニーのひ孫)、ダイアナ・バクスター氏(ジョセフ氏のご令室)、蓼沼宏一学長、ジョセフ・ホイットニー氏、カーレン・ホイットニー氏(ジョセフ氏のご令嬢)、リカード・バーノン氏(カーレン氏のご主人)、江夏由樹経済学研究科特任教授、大月康弘経済学研究科長)

写真:歓談中のジョセフ氏と蓼沼学長
歓談中のジョセフ氏と蓼沼学長
写真:学園史関係資料を見ながら情報交換されるジョセフ氏、ダグラス氏と大月経済学研究科長
学園史関係資料を見ながら情報交換されるジョセフ氏、ダグラス氏と大月経済学研究科長

お知らせ

Share On