プリント

お知らせ

本学が国立市と社会連携に関する協定を締結

 本学と国立市は、これまでも様々な連携・協力を行っておりましたが、今後いっそうの相互の密接な協力と連携により、地域の課題に迅速かつ適切に対応し、地域の発展と人材の育成に寄与することを目的として、平成25年11月15日に社会連携に関する協定を締結いたしました。同日10時30分から国立市役所にて調印式を執り行い、山内進一橋大学長と佐藤一夫国立市長が協定書を取り交わしました。
 今後、①人材育成に関すること、②地域振興・まちづくりに関すること、③行政経営に関すること、④経済政策・産業振興に関すること、⑤国際交流・国際平和の推進に関すること、⑥学術研究及び教育に関すること、⑦生涯学習に関することの7分野を中心によりいっそうの連携協力を進めていきます。
 わが国で最も古い社会科学の研究総合大学として、常に学界を先導してきた歴史と実績を有し、いまなお新領域の開拓と解明を推進し発展を続ける一橋大学ならではの知的資源を活用して、今後、地域への貢献を更に深めてまいります。

写真:握手を交わす山内進 一橋大学長(左)と佐藤一夫 国立市長(右)
握手を交わす山内進 一橋大学長(左)と佐藤一夫 国立市長(右)

お知らせ

Share On