プリント

お知らせ

merc 2号を発刊しました

目次

特集 : 知的財産・イノベーション研究の最前線

  • イノベーション研究センターのこれまでとこれから
  • イノベーション研究のフロンティア : 日本の国際競争力構築に向けて
  • イノベーションにおいて大学の果たすべき役割と産学官連携
  • MPEGとJASRACはなぜ必要か
  • イノベーション研究とベンチャー企業
  • 情報通信関連技術の発展と著作権法
  • Article : 企業の研究開発活動と知的財産制度に関する研究
  • ゼミ企画 : 大学院ビジネス・エコノミクス研究会
  • World Watchers : ヴェトナム、スウェーデン、アメリカ、エジプト
  • Art&Design : 無意識の風景
  • Attire : 続・スーツの形(かた)
  • Cuisine : 雨後の筍・半端レストラン嫌い
  • Book Review
  • Dissemination : 知的財産とイノベーションに関する国際共同研究プロジェクトの紹介

merc創刊の辞

社会科学の総合大学として、一橋大学が世界に先駆けて総合雑誌を刊行することになった。校章のmercuryを縮めてmercメルクという。本誌の創刊は、一橋論叢の廃刊にともなうものだが、学術雑誌であった一橋論叢とは性格を異にする。本学の教員は、その内容と編集に関わるが、学部学生、大学院生、そして広く卒業生の叡智を結集し、現代世界の諸課題に答えることを目標とする。大学が学術上の成果を世に問う場は多様である。しかし、教員による先端的研究だけが大学を発展させるわけではない。社会における大学存立の基盤とは、教育を通じて、有為な人材を送り出すことにある。その意味で、本誌の刊行は、教員のみならず、学生も、卒業生も、ともに一橋大学を核とした知の発信に携わることを意味する。さしあたり、特集企画の柱は、国際、経済、経営の三本とする。表紙のデザインから企画・執筆・編集まで、本学にゆかりの人びとが自らの手で創りあげる雑誌の誕生である。

編集長 内藤正典・一橋大学大学院社会学研究科教授
(創刊号, May 2007より)

【mercに関するお問い合わせ先】
merc編集室
〒186-8601 東京都国立市中2-1
TEL:042-580-8795 FAX:042-580-8798

お知らせ

Share On