プリント

お知らせ

第6回一橋大学中部アカデミア シンポジウム「日本の国家財政を考える~破綻か再建か~」を開催しました

「日本の国家財政を考える~破綻か再建か~」をテーマとする第6回中部アカデミアを、2015年11月28日(土)14:00~18:00、名古屋市のミッドランドホールで開催しました。

村田光二理事・副学長の開会挨拶で始まったプログラムは、安井隆豊如水会名古屋支部長の挨拶、河村たかし名古屋市長の来賓挨拶の後、佐藤主光経済学研究科教授による基調講演へと続きました。その後、名城大学経営学部の大西幹弘教授司会のもと、株式会社日本総合研究所調査部の河村小百合上席主任研究員、祝迫得夫経済研究所教授、佐藤教授がパネル・ディスカッションを行いました。

参加者は、関係者を含め約260人。当日は天候にも恵まれ、企業や公的機関に勤務する方や学生、市民、本学卒業生等が集まり、多数の質問が寄せられるなど、活況を呈しました。

次回の中部アカデミアは、2016年10月15日(土)に開催する予定です。詳細が決まり次第、ホームページでご案内いたします。

※当日の様子を、以下のプログラム一覧から動画でご覧になることができます。

第6回一橋大学中部アカデミア シンポジウム
「日本の国家経済を考える~破綻か再建か~」

●日時 2015年11月28日(土)14:00~18:00
●会場 ミッドランドホール(名古屋市中村区名駅4-7-1)
●主催 一橋大学
●協賛 名古屋商工会議所 東海東京証券
●後援 中日新聞社 如水会名古屋支部

講演プログラム
1 開会挨拶 村田 光二 一橋大学副学長・理事 映像
2 挨拶 安井 隆豊 如水会名古屋支部長 映像
3 来賓挨拶 河村たかし 名古屋市長
4 大学紹介 村田 光二 一橋大学副学長・理事 映像
5 基調講演 佐藤 主光 一橋大学大学院経済学研究科教授 映像
6 パネル・ディスカッション [パネリスト]
河村小百合 株式会社日本総合研究所調査部上席主任研究員
祝迫 得夫 一橋大学経済研究所教授
佐藤 主光 一橋大学大学院経済学研究科教授
[司会]
大西 幹弘 名城大学経営学部教授

映像
映像
映像
7 閉会挨拶 青島 矢一  一橋大学イノベーション研究センター教授 映像

講演者プロフィール

河村 小百合(かわむら さゆり)

株式会社日本総合研究所調査部上席主任研究員。1988年京都大学法学部卒業、1988年日本銀行入行、1991年株式会社日本総合研究所入社(調査部)、日本総合研究所主任研究員を経て、2014年より現職。専門は金融、財政、公共政策。
公職:内閣官房行政改革推進会議民間議員、同歳出改革WG座長代理、国税庁国税審議会委員、厚生労働省社会保障審議会委員、(独)住宅金融支援機構事業運営審議委員会委員等。
主著:『欧州中央銀行の金融政策』(金融財政事情研究会、2015年)

祝迫 得夫(いわいさこ とくお)

一橋大学経済研究所教授。1990年一橋大学経済学部卒業、1992年一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了、1997年ハーバード大学大学院博士課程修了Ph.D.取得。1997年筑波大学社会工学系講師、2001年一橋大学経済研究所講師、2002年一橋大学経済研究所助教授、2007年一橋大学経済研究所准教授、2009年-2011年財務省 財務総合政策研究所総括主任研究官(交流人事)等を経て、2012年より現職。専門はファイナンス、アメリカ金融史。
主著:『家計・企業の金融行動と日本経済 : ミクロの構造変化とマクロへの波及』(日本経済新聞出版社、2014年)、伊藤 隆敏, デビッド・ワインシュタイン, ヒュー・パトリック編『ポスト平成不況の日本経済―政策志向アプローチによる分析』(共著・監訳、日本経済新聞社,2005年)

佐藤 主光(さとう もとひろ)

一橋大学大学院経済学研究科教授。1969年秋田県生まれ。1992年一橋大学経済学部卒業、1994年一橋大学大学院経済学研究科修士号取得、1998年クイーンズ大学(カナダ)経済学部Ph. D取得、1999年一橋大学経済学研究科専任講師、2002年同助教授(2007年4月より准教授)を経て、2009年より現職。主な研究分野は、地方財政、最適課税論、社会保障(医療経済学)。
公職:政府税制調査会委員、財務省財政制度等審議会財政分科会特別委員、経済財政諮問会議「経済財政一体改革推進委員会」委員、内閣官房行政改革推進会議歳出改革WG構成員、内閣府・民間資金等活用事業推進委員会委員、国土交通省政策評価レビュー委員 、財務省「地震保険制度に関するプロジェクトチーム」座長(~2015年)等
受賞:第47回日経・経済図書文化賞、第52回エコノミスト賞
主著:『地方交付税の経済学:理論・実証に基づく改革』共著、有斐閣、2003年)、『財政学』(放送大学出版、2009年)、『震災復興:地震災害に強い社会・経済の構築』(共著、日本評論社、2011年)、『地方税改革の経済学』(日本経済新聞社、2011年)

大西 幹弘(おおにし みきひろ)

名城大学経営学部教授。1952年宮崎県生まれ。1975年一橋大学経済学部卒業、1982年一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。1982年日本学術振興会奨励研究員、1983年名城大学商学部専任講師を経て2000年より現職。主な研究テーマは、情報化の進行が企業組織、産業組織、産業構造に及ぼす影響の分析、ナレッジマネジメント。
受賞:日経テレコン懸賞論文入賞(1988年)
主著:『情報ネットワーク経済論』(共著、1998年、青木書店)、『「型」と「場」のマネジメント』(共著、かんき出版、2008年)、『場のチカラ』(共著、白桃書房、2012年)

お知らせ

Share On