プリント

お知らせ

2015年度第1回一橋大学政策フォーラム
「非常時における行政対応:法学と経済学の共同の取り組みを通じて」を開催しました

「非常時における行政対応:法学と経済学の共同の取り組みを通じて」をテーマとする2015年度第1回一橋大学政策フォーラムを、9月4日(金)にホテルメトロポリタン仙台で開催しました。

今回、課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業プロジェクト室の企画で、野田博(大学院法学研究科教授)による開会挨拶で始まり、次に岡本正氏(岡本正総合法律事務所弁護士)、野村裕氏(石巻市役所 法制企画官/弁護士)の2名による実務家から見た大震災時における行政対応の課題について報告があり、続いて、薄井一成(大学院法学研究科准教授)、中川雅之氏(日本大学経済学部教授)、佐藤主光(大学院経済学研究科教授)の3名による研究者から見た大震災時における行政対応の課題について報告がありました。その後、齊藤誠(大学院経済学研究科教授)司会のもと、上記報告者および政策フォーラム参加者との討論が行われました。平日にもかかわらず約160名の聴衆が参集し、盛況のうちに閉会しました。

※当日の配付資料等はこちら

写真:開場全体の様子
写真:パネルディスカッション

お知らせ

Share On