プリント

お知らせ

第9回一橋大学関西アカデミア
シンポジウム「福島第一原発事故から1年:エネルギーのあり方を問う」

 第9回関西アカデミア シンポジウム「福島第一原発事故から1年:エネルギーのあり方を問う」を2012年3月3日(土)に開催します。

 ※過去のシンポジウムの模様はこちらでご覧になれます。

 一橋大学は、関西でシンポジウムや講演活動を行う「関西アカデミア」を通じ、社会科学の総合大学ならではの、諸問題への優れた分析と方策を提唱します。

 東日本大震災にともなう東京電力・福島第一原子力発電所の事故から1年の歳月が経過しました。この事故によって、日本のエネルギー政策はゼロ・ベースで見直されることになりました。原子力発電をどうするか。東京電力をどうするか。電力システムをどうするか。エネルギー政策をどうするか。不透明な現状を打破し、未来を照らす指針を示すことは、アカデミズムの責務でもあります。一橋大学に集う法律学・経済学・経営学・歴史学の研究者が渾身の提言を試みます。

 今回のシンポジウムでは、大学院商学研究科の橘川武郎教授が基調講演を行い、国際・公共政策大学院長で大学院法学研究科の高橋滋教授、大学院経済学研究科の齊藤誠教授、大学院商学研究科の山内弘隆教授の報告ののち、小川英治理事・副学長の司会のもとに、パネル・ディスカッションを行います。
 皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

 
日時 2012年3月3日(土) 13:30開演(13:00開場)
会場 梅田スカイビルタワーウエスト36階 スペース36L
〒531-6023 大阪市北区大淀中1-1
TEL:06-6440-3901
【交通アクセス】
JR大阪駅、地下鉄梅田駅、阪急梅田駅より徒歩9分
阪神梅田駅より徒歩13分
アクセスの詳細は、こちらをご覧ください。   
参加申込 無料・先着200名
以下より、2012年2月27日(月)までにお申し込みください。
お申し込みはこちら 2月27日(月)までにお申し込みください
上記お申込みにより取得した情報については、個人情報保護の観点から厳重に管理いたします。また、本学の講演会・シンポジウム等のご案内以外に利用することはありません。

講演プログラム
13:30~開会挨拶 小川 英治 理事・副学長
13:40~基調講演「エネルギー政策のゆくえ」
橘川 武郎 大学院商学研究科教授
14:30~質疑応答
14:40~休憩(10分)
14:50~報告
高橋 滋 大学院法学研究科教授、国際・公共政策大学院長
齊藤 誠 大学院経済学研究科教授
山内 弘隆 大学院商学研究科教授
16:20~休憩(10分)
16:30~パネル・ディスカッション
[司会]小川 英治 理事・副学長
[パネリスト]
  橘川 武郎 大学院商学研究科教授
  齊藤 誠 大学院経済学研究科教授
  山内 弘隆 大学院商学研究科教授
17:10~質疑応答
17:25~閉会挨拶 山内 進 一橋大学長
17:30閉会

主催国立大学法人一橋大学
協賛大阪ガス株式会社 オムロン株式会社 関西電力株式会社 小林製薬株式会社 塩野義製薬株式会社 住友生命保険相互会社 住友電気工業株式会社 株式会社富士通マーケティング 株式会社村田製作所
お問合せ先国立大学法人一橋大学研究・社会連携推進課 関西アカデミア担当
〒186-8601 東京都国立市中2-1
電話 042-580-8058
FAX 042-580-8050
Email w-academia1284@dm.hit-u.ac.jp

お知らせ

Share On