プリント

お知らせ

第2回一橋大学中部アカデミア
シンポジウム「東日本大震災と日本経済・中部経済」を開催しました

 第2回中部アカデミアを、2011年10月8日(土)14:00~18:00、名古屋市のミッドランドホールで開催いたしました。

 今回は、「東日本大震災と日本経済・中部経済―今回の大震災を乗り越え、次につなげる成長戦略とは何か?―」をテーマとし、経済学研究科の佐藤主光教授が基調講演を行い、名城大学経営学部の大西幹弘教授の司会のもと、佐藤教授、(株)東海東京調査センター顧問・前愛知県知事の神田真秋氏、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)エコノミストの内田俊宏氏がパネル・ディスカッションを行いました。

 安井隆豊如水会名古屋支部長の開会挨拶で始まったプログラムは、小川英治副学長の主催者挨拶、河村たかし名古屋市長の来賓挨拶、基調講演、パネル・ディスカッションと続き、小川副学長の挨拶で終了いたしました。

 当日は、関係者を含め約190名が参加し、質疑応答時には多数の質問が寄せられるなど、活況を呈しました。
 次回の中部アカデミアは、2012年秋頃に開催する予定です。詳細が決まり次第、ホームページでご案内いたします。

※当日の様子を、以下のプログラム一覧から動画でご覧になることができます。

第2回一橋大学中部アカデミア シンポジウム「東日本大震災と日本経済・中部経済―今回の大震災を乗り越え、次につなげる成長戦略とは何か?―」

●日時 2011年10月8日(土) 14:00~18:00
●会場 ミッドランドホール(名古屋市中村区名駅4-7-1)
●主催 一橋大学
●協賛 名古屋商工会議所 東海東京証券
●後援 中日新聞社 如水会名古屋支部

講演プログラム
1開会挨拶安井 隆豊 如水会名古屋支部長映像
2主催者挨拶小川 英治 一橋大学理事・副学長
3来賓挨拶河村たかし 名古屋市長
4講師紹介奥田 英信 一橋大学大学院経済学研究科教授映像
5基調講演
「東日本大震災からの復興の課題と提言」
佐藤 主光 一橋大学大学院経済学研究科教授 映像
6パネル・ディスカッション佐藤 主光 一橋大学大学院経済学研究科教授
神田 真秋 東海東京調査センター顧問・前愛知県知事
内田 俊宏 三菱UFJリサーチ&コンサルティング エコノミスト
[司会]大西 幹弘 名城大学経営学部教授
映像
映像
7閉会挨拶小川 英治 一橋大学理事・副学長映像

講演者プロフィール

佐藤 主光(さとう もとひろ)

一橋大学大学院経済学研究科教授。1969年秋田県生まれ。1992年一橋大学経済学部卒業、1994年一橋大学大学院経済学研究科修士号取得、1998年クイーンズ大学(カナダ)経済学部Ph. D取得、1998年一橋大学大学院経済学研究科博士課程退学。1999年同専任講師、2002年同助教授(2007年4月より准教授)を経て、2009年より現職。主な研究テーマは、地方財政理論(地方分権の理論)、最適課税論、社会保障(医療経済学)。経済産業省「経済社会の持続的発展のための企業税制改革に関する研究会」委員、「災害政策体系のあり方に関する研究会」委員・座長(内閣府経済社会総合研究所)、内閣府・民間資金等活用事業推進委員会委員、国土交通省政策評価レビュー委員、RIETI 産業政策検討会委員、内閣府・行政刷新会議「事業仕分け」民間評価者等を歴任。著書に『地方財政論入門』(新世社、2008年)、『財政学』(放送大学出版、2009年)、『震災復興:地震災害に強い社会・経済の構築』(共著、日本評論社、2010年)等がある。

神田 真秋(かんだ まさあき)

東海東京調査センター顧問・前愛知県知事。ほかに愛知芸術文化センター総長、日本赤十字社愛知県支部長などに就任している。1951年愛知県生まれ。1974年中央大学法学部卒業。大学在学中の1973年に司法試験に合格。1976年名古屋弁護士会(現・愛知県弁護士会)に弁護士登録。1989年一宮市長に当選、三期9年務める。1999年愛知県知事に当選、三期12年務め、2011年2月任期満了をもって退任。市長、知事時代には愛知県市長会、中部圏知事会議、愛知県防災会議、リニア中央新幹線建設促進期成同盟会などの会長職を歴任。著書に『忙中美あり-身近な美の発見』(求龍堂、2009年)、『私の文章修行-生涯学習ノート』(ぎょうせい、2000年)等がある。

内田 俊宏(うちだ としひろ)

三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 エコノミスト。1968年青森県生まれ。1991年一橋大学経済学部卒業後、野村證券入社。1993年東海総合研究所入社、2002年名古屋大学大学院経済学研究科博士前期課程修了後、名古屋大学経済学部国際経済動態研究センター客員研究員(兼務)。2002年UFJ総合研究所を経て、2006年より現職。国土交通省中部地方整備局「名古屋圏の環状道路等の整備効果に関する検討会」委員、愛知県「『新しい政策の指針』フォローアップ会議」委員、愛知県「愛知県産業労働計画策定委員会」委員、愛知県「新たな地球温暖化防止戦略策定委員会」委員、函館市「函館市経済再生会議」委員等を歴任。著書に『「日本経済再生」19のキーワード』(小学館文庫、2000年)、『ポスト「万博、空港」を考える-中部の識者が語る-』(唯学書房、2005年)等がある。

大西 幹弘(おおにし みきひろ)

名城大学経営学部教授。1952年宮崎県生まれ。1975年一橋大学経済学部卒業、1982年一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。1982年日本学術振興会奨励研究員、1983年名城大学商学部専任講師を経て2000年より現職。主な研究テーマは、情報化の進行が企業組織、産業組織、産業構造に及ぼす影響の分析、ナレッジマネジメント。1988年日経テレコン懸賞論文入賞。共著書に『情報ネットワーク経済論』(青木書店、1998年)、『「型」と「場」のマネジメント』(かんき出版、2008年)等がある。

お知らせ

Share On