一橋大学法科大学院が新司法試験合格率で全国トップ

−優れた法曹を目指す法科大学院の成果−

 


 お 知 ら せ

 法科大学院修了者を対象とした第1回新司法試験の合格者が9月21日、発表されました。新司法試験の合格者数は1009人、全体の合格率は48%となっております。2004年4月に法学既修者として本学法科大学院に入学した1期生も、この試験に53名が挑み、うち44名が合格しました。1名の受験者・合格者の法科大学院を除けば、全国でトップの合格率となります。また、70名の1期生既入学者のうち17名が既に旧司法試験に合格しているため、今回の試験結果と合わせると61名が、これまでに司法試験に合格したことになります。

 これは、優れた法曹の養成を目指してきた本学法科大学院の大きな成果です。合格者の皆さんが、これまでの勉学の経験を生かし、さまざまな分野で社会に貢献されることを期待するとともに、法科大学院の理念に沿った教育環境の充実に向けて、一橋大学として、いっそう努力します。


 

広報戦略室


第1回新司法試験の結果について[法科大学院]