中国での活動

シンポジウム・セミナー開催情報

中国各機関との共催シンポジウム・セミナー

2011年4月22日 一橋大学・中国人民大学共催「第二回アジア政策フォーラム」を中国・北京で開催
  • テーマは 『東アジアの通貨政策』。
2010年9月19日 一橋大学・中国人民大学共同シンポジウムを9月19日に中国・深セン市で開催  
  • テーマ: 『世界経済の成長とアジアの役割』
2010年4月30日 中国人民大学との共催で国際シンポジウムを開催。詳しくは大学HPを参照してください。
2010年4月22日 中国人民大学・紀宝成学長一行が来訪。杉山学長、山内副学長、田近副学長、盛副学長他、各研究科長が参加して活発な意見交換が行なわれた。
2010年3月10日
       -3月16日
北京大学政府管理学院との共同公開講座を実施しました。
  • 商学研究科の神岡太郎教授が主宰。
  • 口座の冒頭で田近栄治副学長が挨拶されました。
  • 本講座は「日本企業の中国での活動――CSRと環境対策を中心として」をテーマとして全5回で構成され、第1回目は神岡教授の概括講義、第2回〜5回は、日本貿易振興会及び日系企業のトップ・マネジメントの方々に講義をお願いしました。
2009年10月31日 中国人民大学との共催で国際シンポジウムを実施しました。
  • テーマは「世界不況と日中の役割」。
  • 本学から商学研究科の清水啓典教授、小川英治教授、三隅隆司教授が参加されました。
  • 開会に当たって、山内進副学長が挨拶されました。