お知らせ

ハノイ貿易大学とのビジネスプラン発表交流会

 平成27年11月23日(月)、第6回一橋大学学生ビジネスプランコンテストの最優秀賞受賞者がハノイ貿易大学でのビジネスプラン発表会に参加しました。同学でも新しいアイディアでビジネスにチャレンジしようと考える学生を応援するため、株式会社JOUJU(河合光政会長兼社長)のご支援を得て本学同様のコンテストが実施されています。ビジネスプラン発表会では、両大学の最優秀賞受賞チームが英語でのプレゼンテーションと活発な意見交換を行いました。その後も学内見学や昼食会、市内散策等を通じて学生同士の交流を深め、ベトナムの経済成長原動力の一端に触れることができました。

 本学からの参加者は以下のとおりです。

プラン名:「Palto(パルト)」
メンバー:堀田遼人(商学部4年)、田邊竜昂(経済学部3年)、服部紘太朗(商学部2年)
引率教員:五味政信教授(国際教育センター長)、神岡太郎教授(商学研究科)

写真:ビジネスプラン発表会の様子
ビジネスプラン発表会の様子

写真:両学の発表者
両学の発表者 ハノイ貿易大学前にて

発表会の様子(参加者の報告書より抜粋)

 ベトナム学生チームとプレゼンを発表しあった。彼らはすでにWEBサイト運営のビジネスを実行・展開していた。日本への展開も考えているそうで、日本での成長可能性はどの程度のものか、逆に聞かれた。彼らチームメンバーは外資系名門企業内定者だらけで、非常に優秀な印象。大学内には起業サークルがあるそうで、本ビジコンは「カワイ」の名で彼らの大きな目標となっていた。自分たちのプレゼンのターンでは、実行力・実績が光る現地学生からの指摘に、随分後手に回ってしまった。

参加者からのコメント

 この4日間を通して、ベトナムに関する大量の知識や現地のエネルギーを、五感を通してこの身にインプットしてきました。現地の人や経済の成長速度は日本と全く異なるもので、特にこれからを担う若者の成長欲求には、日本と一定の差異があるようでした。今後の自分の人生の指針や原動力に影響を与える、素晴らしい体験ができました。

写真:昼食会の様子
昼食会の様子

Share On