日本学生支援機構の奨学金

お知らせ

お知らせ一覧を見る

奨学生の募集

■申し込み資格

 経済的理由により修業に困難があると認められる方。ただし、休学中・成績不振による留年中の方は申込できません。

 外国籍の方は、在留資格が「留学」の場合は申込資格がありません。その他の在留資格については、申込時に配布される奨学金案内をご確認ください。


■奨学金の種類

 無利子貸与の第一種奨学金と有利子貸与の第二種奨学金、および平成30年度以降入学の学部生を対象とした給付型奨学金があります。

 ただし、給付型奨学金は予約採用のみです。

・学部生<貸与月額>

種別 通学形態 貸与月額

第一種奨学金

※下線は平成30年度以降入学者のみ

自宅通学

20,000円、30,000円、45,000円

自宅外通学

20,000円、30,000円、40,000、51,000円

第二種奨学金 20,000円~120,000円(10,000円単位)

・学部生<給付月額>

通学形態 給付月額
自宅通学 20,000円
自宅外通学 30,000円

・大学院生<貸与月額>

課程 種別 貸与月額

修士課程

(専門職学位課程含む)

第一種奨学金

50,000円、88,000円

第二種奨学金

50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円

※法科大学院は190,000円、220,000円も可

博士(後期)課程

第一種奨学金

80,000円、122,000円

第二種奨学金

50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円


■採用の種類

 「在学採用」「予約採用」「緊急・応急採用」等があります。募集の期間や申込方法の詳細は本ウェブサイト内でお知らせします。

・在学採用

 学部・大学院に在学している方を対象に、毎年春に募集します。

・予約採用

 学部生は高等学校等で、大学院生は入学予定の大学で申請期間中に申込を行い、採用候補者として決定された方が、入学後に「進学届」を提出することで採用されます。

 本学では一部の研究科において予約採用を実施しています。募集の期間や申込方法の詳細は、合格通知に同封の資料をご確認ください。

・緊急・応急採用

 家計の急変、風水害等の災害等により、緊急に奨学金の貸与が必要となった学生を対象とする制度です。

 随時募集を行いますが、家計が急変してから12か月以内に申し込む必要があります。

 詳細は本学学生支援課までお問い合わせください。

このページのトップへ


採用時・貸与中

■採用時の手続き

・返還誓約書の提出

 奨学生として採用された場合は、奨学生証、(返還)誓約書等を学生支援課窓口で受け取り、所定の期日までに(返還)誓約書を作成し、添付書類とともに提出してください。

 返還誓約書の受け取り・提出がない場合、奨学金を全額返金のうえ採用取消になる場合があります。

・スカラネット・パーソナルの登録

 インターネットを利用して自分自身の奨学金に関する情報の閲覧・手続きができるシステムに会員登録してください。


■継続時の手続き(適格認定)

 奨学生は毎年1回、奨学金が継続して必要か否かをご自身が判断して、引き続き奨学金の貸与を希望する方はインターネットを通じて「奨学金継続願」を提出します。

 奨学生が「奨学金継続願」を提出すると、その内容と学業成績等から奨学金継続の可否を判断を受け、継続が認められると翌年度(4月から)も貸与が受けられます。

 給付奨学生は、適格認定に加えて、7月と10月の年2回「在籍報告」を提出する必要があります。

 いずれの場合も、手続きを怠ったり、奨学生として適格でないと判断された場合は「停止」「廃止」等の処置がなされることがあります。


■異動の手続き

 奨学生が貸与・給付中に休学・留学などの学籍異動または住所・月額等の登録情報の変更などがある場合は、以下の異動手続き一覧に従い、必要な様式を作成し本学学生支援課に提出してください。

 記載のない手続きに該当する場合は、直接本学学生支援課にお問い合わせください。

 ※休学願や留学願等の大学への届け出とは別に学生支援機構への手続きが必要です。

 異動手続き一覧

このページのトップへ


貸与終了(後)

■貸与終了時の手続き

 貸与終了(満期、辞退、退学等)に伴い、「返還確認票」、「返還のてびき」等を学生支援課窓口で受け取り、所定の期日までに金融機関にて振替口座(リレー口座)加入の手続きを行ったうえで、加入申込書(預貯金者控)のコピーを提出してください。


■在学による返還猶予

 貸与終了(満期、辞退等)後も学部・大学院に在学する場合、スカラネット・パーソナルで「在学猶予願」を入力することにより返還が猶予されます。留年や休学などにより最短修業年限を超える場合は1年ごとに「在学猶予願」の入力が必要です。

 (学校番号は「104013」、区分コードは法科大学院生「60」、その他の学生は「01」を入力してください。)

 手続きをしない場合、在学中でも奨学金の返還が開始されますので、返還の猶予を希望する場合は必ず手続きをしてください。


■特に優れた業績による返還免除

 大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生が、当該課程において特に優れた業績を挙げたと認められた場合に、奨学金の全部または一部の返還が免除される制度があります。

 返還免除の申請は奨学金の貸与終了年度にのみ行えます。申請の期間や申請方法の詳細は本ウェブサイト内でお知らせします。


・申請期間(平成29年度の受付は終了しました) :平成30年1月15日(月)~ 平成30年1月26日(金)17:15

・申請要領等

 【修士課程(2017/12/26申請要領一部訂正(赤字部分)】

  ・申請要領(修士)【pdf】 ・学内選考調書(修士)【word】

 【博士後期課程】

  ・申請要領(博士)【pdf】 ・学内選考調書(博士)【word】

 【専門職学位課程(2017/12/26申請要領一部訂正(赤字部分)】

  ・申請要領(専門職)【pdf】 ・学内選考調書(専門職)【word】

このページのトップへ

Share On