プリント

雑誌「一橋」第54号の論文入選者表彰式を行いました

7月10日(水)、特別会議室にて、雑誌「一橋」第54号論文入選者の表彰式を行いました。
雑誌「一橋」は前期学生の自由な研究・創作の発表の場として1961(昭和36)年に創刊され、今回で54号目となります。
審査は、一般募集による原稿を対象にしたA部門と、ゼミ又は講義担当教員が学生に課した提出レポートや小論文等のうち、教員が雑誌「一橋」に掲載するに値すると判断し、かつ推薦した原稿を対象としたB部門の2部門に分けて行います。

今号はA部門へ2編の応募があり、1編が入選いたしました。

表彰式に出席した入選者には、沼上理事・副学長(教育・学生、大学経営戦略担当)から表彰状、目録が授与されました。
その後、審査委員の岡本経営管理研究科准教授から講評があり、沼上理事・副学長から祝辞と総評が述べられました。

雑誌「一橋」第54号表彰式
雑誌「一橋」第54号論文入選者

入選作
「過疎地域におけるレガシーの現状分析―ラグビーワールドカップ2019日本大会を控えた釜石市への提言―」
池永 進之佑・大谷 美結・玉木 里奈(いずれも商学部)

刊行した冊子は教務課、図書館カウンター前にて配布していますので、ご自由にお取りください。

アーカイブ

Share On