プリント

中国人民大学の靳諾党委書記が本学を訪問しました

1月15日(水)、本学の協定校である中国人民大学より、靳諾党委書記を団長とする代表団が本学を訪問しました。

中国人民大学と一橋大学は、大学連合SIGMA(Societal Impact and Global Management Alliance)の加盟大学であるだけでなく、2004年の学術交流協定、2009年の学生交流協定の締結以来、学生交換留学や研究者の学術交流をはじめとした教育研究交流を活発に続けています。近年では、本学経営管理研究科と同大商学院、本学法学研究科と同大法学院の間で修士ダブルディグリー・プログラムを開始したほか、昨年7月には同大と本学の共催による第9回アジア政策フォーラムの開催に合わせて、代表団が本学を訪問し、「中国人民大学Day」と名付けた交流イベントを開催するなど、密接な協力・交流関係はさらに拡大しています。

このたび中国人民大学からは、靳諾党委書記、時延安国際交流処長ら8名が来日しました。

一行は青木人志中国交流センター代表とともに、キャンパスツアーで社会科学古典資料センターや兼松講堂を見学したあと、本学で学んでいる中国人民大学からの留学生らと懇談を行いました。

その後、本学蓼沼宏一学長、佐藤宏理事・副学長、山田敦副学長と新たな大学間連携の可能性について協議し、さらに田中一弘経営管理研究科長、只野雅人法学研究科長らも加えて懇談を行い、これからの教育研究交流の一層の発展に向けて活発な意見交換を行いました。

今年5月には中国人民大学の蘇州キャンパスにおいて、第10回アジア政策フォーラムが開催される予定であり、両大学は今後も緊密に連携していくことを確認しました。

兼松講堂前で訪問団を囲んで
記念品を交換する靳諾党委書記(左)と蓼沼宏一学長(右)
学長室での懇談

アーカイブ

Share On