プリント

柴山昌彦文部科学大臣が本学を視察しました

 8月27日(火)、柴山昌彦文部科学大臣が本学を視察しました。
 はじめに蓼沼宏一学長より、本学の研究・教育に関する特色やこれまでの実績、社会科学の側から進める文理共創の取組などについて説明しました。文部科学省からは淵上孝国立大学法人支援課長、浅原国立大学戦略室長らが同席し、本学からは佐藤宏理事・副学長、沼上幹理事・副学長、蜂谷豊彦理事・副学長らも参加し、柴山大臣と懇談しました。

 続いて、3人の研究者から本学の先端的研究の事例紹介を行いました。佐藤主光社会科学高等研究院医療政策・経済研究センター長より、同センターにおける医療経済分野での学術研究及び社会貢献の取組について説明し、とりわけ、産業技術総合研究所との文理共創による共同研究やJICAと連携して進めているアフリカ・セネガルでの共同事業などを紹介しました。次に、小塩隆士経済研究所教授より、経済社会に関する世界でも傑出した独自のデータベースを活用して組織的に推進している「エビデンスに基づく政策立案(EBPM)」への貢献や新たな物価指数の開発、宮川大介経営管理研究科准教授より、ビッグデータと機械学習(AI)を用いた社会科学における分析方法の革新とその実務的課題解決への応用について説明しました。
 柴山大臣は、社会科学の学術研究に基づく政策提言や研究成果の社会への還元が重要であるとして、本学の取組に高い関心を示されました。また、AIなどの科学技術の進歩に伴い、人とAIの役割に関する研究や社会科学分野へのAIやビッグデータの活用などの先端的研究についても、今後の発展に大きな期待を寄せられました。

 視察後、柴山大臣は「一橋大学がこれからの文科系、理科系を横断した新しい学問の研究に非常に力を入れていること、国際的にも通用する大学を目指している取組、そして最近の、特に統計学について、非常に我々も参考になる社会的な実践的な研究の成果について説明いただき、有意義な視察になったと思います。しっかりと応援し、見守っていきたいと思います。」といったコメントを発表されています。

【参考】文科省HP:『柴山大臣が一橋大学を視察』

sk_190827_2sun

柴山大臣(前列左)を案内する蓼沼学長(前列右)

sk_190827_1lib

sk_190827_5shiba

柴山大臣(写真提供:文部科学省)

sk_190827_3sano

蓼沼学長から説明を受ける柴山大臣(右)

sk_190827_4sato

社会科学高等研究院医療政策・経済研究センターについて説明する佐藤主光センター長

 

アーカイブ

Share On