プリント

中国人民大学より王利明常務副学長御一行が本学を訪問しました

7月1日(月)、本学の協定校である中国人民大学より、王利明常務副学長を団長に、王軼法学院長、黎玖高中法学院長、時延安国際交流処長を始めとする17名の教職員が本学を訪問しました。

中国人民大学と本学は2004年に学術交流協定、2009年には学生交流協定を締結して以来、強固な提携関係を築いています。近年では、本学経営管理研究科と同大商学院、本学法学研究科と同大法学院の間で修士ダブル・ディグリープログラムを開始したほか、定期的にフォーラムや研究会を開催するなど、研究教育における国際交流を活発に行っています。同大は本学も参加する大学連合SIGMA(Societal Impact and Global Management Alliance)の加盟大学でもあります。

このたび、同大と本学共催で開催する第9回アジア政策フォーラムの開催に合わせて、上記の代表団が本学を訪問し、「中国人民大学Day」と名付けた交流イベントを開催しました。当日は、歓迎セレモニーを皮切りに、同大法学院、商学院、公共管理学院等、各学院の代表者が、本学との協力をさらに発展させるための協議を行いました。また、一橋大生を対象に、同大への留学説明会を開きました。

 

集合写真
集合写真

記念品交換写真
記念品を交換する蓼沼宏一学長(左)と王利明常務副学長(右)

sk19070101
会場の様子

sk19070102
記念品を交換する王利明常務副学長と山田副学長

sk19070103
佐野書院での集合写真

sdr
一橋大学生向け大学紹介&留学説明会

アーカイブ

Share On