プリント

相談窓口:ハラスメント相談室

相談窓口:ハラスメント相談室

 ハラスメント相談室は総ての一橋の学生、院生、教職員が利用することができます。
 相談室には専門相談員がいます。
 「こんなことを相談するのはおかしいのではないか」などと悩まずに、ともかく相談にきてください。ハラスメントを受けたと感じた方だけでなく、ハラスメント行為を行ったのではないかと心配な方、行ったと言われた方も相談できます。
 ハラスメント相談室は、西キャンパス第1講義棟1階東側にあります。
 なお、各研究科や各部署にも相談員14人(教員・職員)がいて、相談を受け付けていますので、行きやすいところにいらしてください。

ハラスメント相談室

E-mailTEL
harassment.g@dm.hit-u.ac.jp042-580-8148

相談の受付

 相談をしたいと思ったら、基本的には、相談室に直接メールか電話で予約をしてください。メールも電話も専門相談員だけが受け付けます。予約の際には、相談者の名前・連絡先を正確に伝えてください。相談員が相談者の名前を第三者に伝えることはありませんし、対策委員会で対応が必要となった場合でも匿名で扱い、最後まで名前を公表することはありません。安心して、相談員を信頼して、お名前をお知らせ下さい。
 相談室の開室日は月曜・水曜・金曜の10:00~12:00、13:00~15:00となっています。なお、予約メールのチェックは開室日のみとなります。

解決への手続き

 相談の予約日時に相談室にいらしてください。
 ハラスメント相談員がお話しを伺います。
 このとき、問題点が整理されていなくて構いません。「ハラスメントと言っていいのかどうかわからない」という時点でも大丈夫です。
 相談員と話している間に、少しずつ問題点がみえてきます。そして、ご自分はこのことについてどうしたいのかを考えていきます。「やめて」と言うのは、失礼ではないことを確認して、ご自分が納得したら、相手に伝えてみることもできます。

図:解決への道筋

 でもどうしても相手がやめないとなったら、対策委員会に申立てをして、行為の中止を大学から伝えることも必要でしょう。行為が繰り返されたり悪質な場合は大学による処分も必要です。
 そのようなときは、以下の手続きを取っていきます。

図:大学による処分

ハラスメント相談員の連絡先(学内専用)

Share On