Captains of Industry

“キャプテンズ・オブ・インダストリー”はイギリスの思想家にして歴史家、Thomas Carlyle(1795~1881)が1843年に著した『Past and Present』(邦題『過去と現在』)に求められます。同書、第4編“ホロスコープ”第4章は“キャプテンズ・オブ・インダストリー”と題され、この中でカーライルは、“キャプテンズ・オブ・ザ・ワールド”としての“リーダーズ・オブ・インダストリー”を論じています。 “キャプテンズ・オブ・インダストリー”つまり、国際的に通用する産業界のリーダーたり得る人材の育成。これが教育機関として一橋大学が創設して以来、使命としてきたものです。明治8(1875)年に森有礼が私設した商法講習所の時代から本学は、単に西洋式の「商法」-「商い方」を身に付け、即戦力になる人材を供給することだけではなく、"キャプテンズ・オブ・インダストリー”にふさわしい実業人の育成を目標としてきました。産業界における高貴な騎士道精神を前提とした"キャプテンズ・オブ・インダストリー”は、一橋大学の理念として、今に至るまで語り続けられてきました。

Share On