一橋教員の本

刑事政策学

刑事政策学

武内謙治, 本庄武
日本評論社 2019年12月刊行
ISBN : 9784535523807

刊行時著者所属:
本庄武(法学研究科)

著者コメント

 本書は、刑事政策学の新しい標準テキストになることを目指して作られたものである。政策領域としての刑事政策は、刑事法全領域にわたる相次ぐ刑事立法、裁判員制度をはじめとする刑事司法の改革、司法と福祉の連携の深化、再犯防止への注目などに見られるよう重要性を増している。そのため、本書では、伝統的な課題である、犯罪原因論、犯罪被害者保護論、刑罰論、処分論、処遇論についてこれまでの研究のエッセンスを凝縮して伝えるとともに、刑事立法論、刑事司法過程論などについても刑事政策上の課題として取り上げている。本書を手掛かりに、伝統的に法学部で講じられながら○○法という名称を持たない特殊な学問分野である刑事政策学の面白さ、さらには犯罪と刑罰を巡る問題の奥深さを実感していただけることを願っている。

Share On