一橋教員の本

病院管理会計の効果検証 : 質が高く効率的な医療の実現に向けて

病院管理会計の効果検証 : 質が高く効率的な医療の実現に向けて

荒井耕
中央経済社 2019年9月刊行
ISBN : 9784502318016

刊行時著者所属:
荒井耕(経営管理研究科)

著者コメント

 超高齢社会の到来と高度高額な医療技術の登場を背景に医療財政は悪化している一方で、医療の質や安全性に対する国民の関心が高まっているため、質が高く効率的な医療の提供が求められている。そのため、病院では各種の管理会計手法を適切に活用することが課題となっている。しかし一般産業界中心に発展してきた管理会計が、非営利セクターである病院界でも有効なのか、またより有効にする実践はあるのか、従来十分に明らかにされていない。そこで本書では、病院における管理会計の有効性を検証した。その際、採算改善という財務的効果だけではなく, 医療の結果(質)やその実現に至るプロセスに関わる効果についても検証を試みた。その結果、病院でも管理会計は効果を有しており、管理会計は、経営環境変化に伴う時代の要請に病院が対応していくための有効な手段であることが明らかとなった。

 管理会計と組織業績との関係性に関する従来の研究は、営利企業を対象とし、財務業績との関係性に限定されてきた。本書は、非営利セクターである病院を対象に、財務業績だけでなく非財務業績も含めて、初めて本格的・総合的に、管理会計と組織業績との関係性の解明に取り組んでいる。

Share On