一橋教員の本

貨幣経済と資本蓄積の理論 第2版

貨幣経済と資本蓄積の理論 第2版

石倉雅男
大月書店 2019年8月刊行
ISBN : 9784272111268

刊行時著者所属:
石倉雅男(経済学研究科)

著者コメント

 マルクスとケインズを基礎に,資本主義経済の構造と動態に迫る.第2版では,全体的な改訂のほか、国際経済への拡張などを追加.初版(2012年9月刊)の構成を維持しつつ,若干の修正と拡充を行った.第Ⅰ部「貨幣経済の政治経済学」(第1・2・3・4章)では,貨幣経済の基本構造と商品論・貨幣論に関する論述を改訂し,商品価値の生産価格への転化に関する論述を追加した.第Ⅱ部「資本・賃労働関係の政治経済学」(第5・6章)では,雇用形態と所得格差に関する分析のデータを更新した.第Ⅲ部「資本蓄積・利潤・負債の政治経済学」(第7・8・9章)では,資本蓄積と雇用に関する補論,および,国際的な債権・債務関係に関する節を追加した.

Share On