一橋教員の本

変貌するコーポレート・ガバナンス : 企業行動のグローバル化、中国、ESG

変貌するコーポレート・ガバナンス : 企業行動のグローバル化、中国、ESG

花崎正晴編著
勁草書房 2019年8月刊行
ISBN : 9784326504640

刊行時著者所属:
花崎正晴(経営管理研究科)

著者コメント

 コーポレート・ガバナンスとは、一般的には企業経営の非効率性を排除して、企業価値を高める各種のメカニズムを意味し、企業統治と訳されています。本書は、ストック・オプション、ビジネスの多角化、投資行動の多様化といった日本企業において過去20年程度の期間に渡って展開されてきた企業行動の新しい潮流とコーポレート・ガバナンスとの関係、経済発展を続ける中国のコーポレート・ガバナンス、そして企業のサステナビリティに対する取り組み姿勢に関する問題といった新たな視点に立脚した論文を集めたものです。また、本書を構成する多くの章は、一橋大学の大学院に近年在籍する諸氏との共同研究の成果であります。彼らとの日常的な議論により新しい発想や問題の本質が浮かび上がり、さまざまな試行錯誤を重ねたのちに、構想を具体化してそれぞれの論文として完成させることができました。ゆえに、この論文集は共著者の貢献が計り知れないほど大きく、私一人では到底完成できなかったものと切に感じております。

Share On