一橋教員の本

EU法研究 第5号

EU法研究 第5号

中西優美子責任編集・著
信山社 2018年12月刊行
ISBN : 9784797266955

刊行時著者所属:
中西優美子(法学研究科)

著者コメント

 雑誌『EU法研究』は、一橋大学で毎月開催している一橋EU法研究会での報告を基礎としています。『EU法研究』の表紙は、一橋大学のカラーであるクリムゾン(赤茶色)にしてくださいと出版社にお願い、実現しました。実は、出版社(信山社)で『EU法研究』の編集をしていただいている今井守氏は一橋大学法学部卒業生です。

 今回の5号は、「(巻頭言)日本・EU間の経済連携協定(EPA)と戦略的パートナーシップ協定(SPA)」を執筆しました。EPAは、約5年の交渉を終了し、2018年7月17日に署名されました。2019年2月1日に発効します。地理的表示(GI)の保護は、このEPAのおかげです。5号にはさらに、競争法、国際法、行政法及び環境法分野の先生による4本の論文が含まれています。競争法分野のGoogle事件、EUの特恵制度における社会条項、Brexitに関する論文2本です。現代のEUの諸問題を法的観点から取り扱っています。色んな分野の方に読んでいただければと思います。

Share On