一橋教員の本

Japan's international democracy assistance as soft power : neoclassical realist analysis

Maiko Ichihara
Routledge 2018年刊行
ISBN : 9781138957053

刊行時著者所属:
 市原麻衣子(法学研究科)

著者コメント

 外交の中核に価値を位置付けることを第二次大戦以降一貫して回避してきた日本外交に、2000年代半ばより大きな変化が現れた。民主主義などの政治的価値の推進が重要な外交政策と位置付けられるようになったのである。何故日本政府は民主化支援を強調するようになったのだろうか。ただし、民主化支援を強調するようになったにも関わらず、日本政府は実際には民主化支援に対して消極的に留まっている。何故言説と実行に大きな乖離が見られるのだろうか。本稿は新古典的現実主義の枠組みを用い、これら二つの問題に対して国際システムレベルと国家レベルにおける異なる要因が影響を与えている可能性を検証するものである。

Share On