一橋教員の本

Animal welfare: assessment, challenges and improvement strategies

Animal welfare: assessment, challenges and improvement strategies

edited by Jeremiah Weaver (contributed by Yumiko Nakanishi, [et al])
Nova Science Publishers, Inc.  2016年刊行
ISBN : 9781536102932

刊行時著者所属:
 中西優美子(法学研究科)

著者コメント

 「動物福祉」(Animal Welfare)という日本ではまだあまりなじみのない言葉が、EUでは重要な意味を持っている。EUは、動物を「痛みの感じる生物」として定義して(EU運営条約13条)、動物に苦痛を与えないよう配慮することを義務づけている。この動物福祉尊重原則に基づき、化粧品における動物実験を禁止したり、アザラシ毛皮の輸入を禁止したりしてきた。また、EUは第三国と自由貿易協定を交渉したり、締結してきたりしているが、その条文の中に動物や動物福祉のことが規定されている。それを分析したものが、この本の中の論文、Yumiko Nakanishi, “Animal Welfare in the European Union’s External Relations Law”, in Jeremiah Weaver (ed.), Animal Welfare, Nova Science Publishers, 2016, pp. 125-145である。EUの動物福祉原則を分析した、中西優美子「第6章 EUにおける動物福祉措置の意義と国際的な影響」同『EU環境法の最前線』(法律文化社2016年)と合わせて読んでほしい。

Share On