一橋教員の本

中小企業の経済学

‎世界金融危機と金利・為替 : 通貨・金融への影響と評価手法の再構築

商工組合中央金庫編, 岡室博之監修
千倉書房  2016年3月刊行
ISBN : 9784805110881

刊行時監修者所属:
 岡室博之(経済学研究科)

著者コメント

 本書は、一橋大学経済学部で平成26年度と27年度の夏学期に開講された商工中金寄附講義「中小企業の経済学」(現代経済IID)の 講義内容を、講義担当者が書き下ろしたものである。商工中金寄附 講義の目的は、経済学の基礎を学んだ学生に、実務経験者が中小企業の経済環境や経営の実際、金融機関による融資や経営支援、政府による支援の実務と課題を具体的に示し、経済学の理論と分析手法を中小企業の理解と問題解決にどのように適用できるか、適用すべきかを考えさせることにある。主に中小企業金融の実務家によってまとめられた本書は、社会で中小企業に関わる実務に就いている人と、将来そのような業務に携わることが期待される人の中小企業理解の一助となることを目指している。

Share On