一橋教員の本

広域連携の仕組み : 一部事務組合と広域連合の機動的な運営

広域連携の仕組み : 一部事務組合と広域連合の機動的な運営

木村俊介
第一法規  2015年2月刊行
ISBN : 9784474035133

刊行時著者所属:
 木村俊介(法学研究科)

著者コメント

 我が国では、都道府県と市町村からなる普通地方公共団体が基本的な行政サービスを供給しています。しかしながら、業務によっては、複数の団体が協力して実施した方がスケールメリットを生かすことや専門的職員を配置することが可能となり、より有効に行政活動を行なうことができます。これらの行政手法は広域連携と呼ばれていますが、近年の急激な人口減少を踏まえ、全国各地でこのような広域連携の重要性が再認識されています。本書は、広域連携業務に携わる実務家や研究者のために、現行法制度における広域連携の仕組みを解説するとともに、健全化法、公会計改革、ファシリティマネジメントなど、最新の地方行政の課題に対する考え方を提示したものでありますが、理論と実務をカバーするよう努めており、地方行政に関心を持つ方々に広く読んでいただきたいと考えています。

Share On