一橋教員の本

リスクと流動性

リスクと流動性

ヒュン・ソン・シン著; 大橋和彦, 服部正純訳.
東洋経済新報社  2015年1月刊行
ISBN : 9784492444122

刊行時著者所属:
 大橋和彦(国際企業戦略研究科)

著者コメント

 本書は、金融市場においてリスク管理を行う金融機関や投資家の行動が資産の価格や流動性に与える影響を分析することで、金融危機発生のメカニズムを解明しています。本書に示される考え方は、グローバル金融危機後の世界的な金融規制改革の理論的背景であるとともに、今日のグローバル金融市場の動向を理解するために極めて重要です。その意味で、本書は研究者のみならず、銀行関係者や機関投資家を含む金融市場で働く実務家にも役立つものであり、日本の一般の読者にも広く知ってもらうべきであると考え翻訳を行いました。第11章「グローバル流動性の第二局面と新興国経済への影響」は日本語版向けに追加された新章です。また、清滝信宏プリンストン大学教授による解説(「刊行に寄せて」)も収録しています。

Share On