一橋教員の本

芸術家の誕生 : フランス古典主義時代の画家と社会

 
芸術家の誕生 : フランス古典主義時代の画家と社会  

芸術家の誕生 : フランス古典主義時代の画家と社会

 ナタリー・エニック著 ; 佐野泰雄
岩波書店   2010年10月刊行
ISBN : 9784000227797  本体7,600円+税
 刊行時訳者所属 : 佐野泰雄(一橋大学大学院言語社会研究科)

著者コメント

 著者のナタリー・エニックは、芸術の領域を得意とするフランスの社会学者で、特に作品制作者のアイデンティティを軸に据えた研究を展開しています。この書は、そうした研究活動の原点である博士論文をもとにした仕事で、職人であった画家が、フランス古典主義時代(17世紀中葉から18世紀)の絵画・彫刻アカデミー設置による画像制作の自由学芸への格上げとともに高級専門職従事者となり、やがては、天与の才能を持った「芸術家」へと、その社会的表象と意識を変化させていく過程を詳細に跡づけたものです。この時期の美術、あるいは他の文化領域を専攻する院生・学生諸氏にとって、標準的な教科書として役に立つことができれば幸いです。

Share On