一橋教員の本

イスラム経済論 : 社会科学の冒険

 
イスラム経済論 : 社会科学の冒険  

イスラム経済論 : 社会科学の冒険

 加藤博
書籍工房早山   2010年4月刊行
ISBN : 9784904701195    本体2,600円+税
 刊行時著者所属 : 加藤博(一橋大学大学院経済学研究科)

著者コメント

 イスラムは、マスメディアで毎日のように取り上げられながら、日本において依然として、不可解な宗教であり続けている。それは、イスラムが歴史的にも今日的にも、日本にとって遠く、身近な存在ではないことと並んで、日本人が、第二次世界大戦後、政治や経済を宗教と結び付けて考える習慣をなくしたからである。しかし、現実のイスラムといえば、これまでの歴史において、直面する政治や経済の変化に、したたかに対応してきた。その融通無碍な現実への対応の中にこそ、イスラムの本質がある。本書は、イスラム金融という昨今話題になることの多いテーマを取り上げ、それを解説する中で、一般の日本人が持っているであろう、イスラムという宗教に対する固定観念を壊すために執筆された。

Share On