一橋教員の本

畿内の村の近世史

 
畿内の村の近世史  

畿内の村の近世史

 渡辺尚志
清文堂   2010年10月刊行
ISBN : 9784792409265    本体7,500円+税
 刊行時編者所属 : 渡辺尚志(一橋大学大学院社会学研究科)

編者コメント

 本書は、和泉国大鳥郡上神谷(にわだに)豊田村(現大阪府堺市)の小谷家文書を用いた共同研究の成果です。1つの家に伝わった総数1万点にもおよぶ古文書を5人のメンバーが多方面から読み解いて、江戸時代における家・村・地域社会の構造と変容を解明しました。小谷家文書は、中世から近世への移行期(17世紀)の文書を多く含むことが特徴です。そこで、本書では17世紀の分析に重点を置きました。また、豊田村を含む上神谷一帯は、和泉山地の北端に当たり、山に囲まれた中に谷筋が伸びている地形です。江戸時代の住民たちは、林業など山に大きく依存しながら暮らしていました。本書では、こうした地域的特質を考慮して、山と村人の関わりについて重点的に分析しています。

Share On