一橋教員の本

村からみた近世

 
村からみた近世  

村からみた近世

 渡辺尚志
校倉書房   2010年9月刊行
ISBN : 9784751742402    本体3,800円+税
 刊行時著者所属 : 渡辺尚志(一橋大学大学院社会学研究科)

著者コメント

 本書は、私がこれまで日本近世史―特に村落史―の研究状況に対して行なってきた発言や、自分自身の研究のエッセンスを述べた文章などをまとめたものです(第一・二編)。また、第三編として、私のゼミで学んだ若手研究者四人が、私の研究を検討した文章を収めました。そして、「終章」では、私の研究に対して寄せられた諸批判にお答えしています。すなわち、私は学界の研究動向を批判しつつ自分の立場を主張し、逆に若手研究者らは私の説を相対化して検討され、さらに私が自説への批判に反論してもいるのです。本書は、このような多様な方向性をもつ内容を併有しており、いわば私と学界との「打撃戦」、もしくは建設的な対話の書だといえるでしょう。

Share On