一橋教員の本

名誉の原理 : 歴史的国際的視点から

 
名誉の原理 : 歴史的国際的視点から  

名誉の原理 : 歴史的国際的視点から

 王雲海
国際書院   2010年6月刊行
ISBN : 9784877912079    本体3,600円+税
 刊行時編者所属 : 王雲海(一橋大学大学院法学研究科)

編者コメント

 近年、本学の山内進教授が理事長をつとめている法文化学会は 社会が現に直面している多くの法律問題を、その裏に潜在している文化的原理から解明しようとして、研究活動を展開している。本書もそのような研究活動による成果の一部をまとめたものである。
 10数年前から、「文明の衝突」という用語が最も流行した言葉の一つになったが、近年になって、「文明の衝突」を阻止すべく、「文明の共存」という言葉も徐々に広げられた。これからの世界が一体「文明の衝突」なるか、「文明の共存」になるかは、定かでないが、文明が大事であるだけは確かであろう。これほど大事な「文明」とは一体何であろうか。その定義は多数でありうるが、中核的なものは、やはり人・部落・民族・社会のそれぞれの「名誉感」ではないか。こういう意味からすれば、「文明の衝突」、「文明の共存」は、「名誉の衝突」、「名誉の共存」に言い換えてもよい。本書は、まさに、以上のような問題意識をもって、まず、「歴史的で縦的視点」から「名誉」の歴史、現状、将来を、次に、「地域的で横的視点」から、「名誉」の社会間・国家間での共通性と相違性を、最後に、「法文化」という独自の視点から「名誉」の裏に潜在している文化的原理を明らかにしたものである。

Share On