一橋教員の本

中国東北「辺境」の重工業と食糧基地 : 黒龍江省チチハルの地域産業発展戦略

 
コーポレート・グローバリゼーションと地域主権  

中国東北「辺境」の重工業と食糧基地 : 黒龍江省チチハルの地域産業発展戦略

 関満博
新評論   2010年6月刊行
ISBN : 9784794808394    本体6,000円+税
 刊行時編者所属 : 関満博(一橋大学大学院商学研究科)

著者コメント

 中国東北最奥に位置し、かつて「満蒙の荒野」と呼ばれたチチハルは今、一転「最先端」となりつつある。汚染の少ない黒土地帯を基盤とした農牧畜業・食品加工業、中心部に大規模に展開する重機械工業など、日本への示唆を多く含む興味深い産業構造を詳細に検証する。

Share On