災害傷害保険・賠償保険

※本学は、学生の安全確保のため、学部生・大学院生全員(100%)加入を目指しています。

 

(1)学生教育研究災害傷害保険(略称:学研災)

 

本保険は、学生が教育研究活動中に不慮の事故によって被った傷害に対する全国的規模の統一救済制度です。損害保険会社と財団法人日本国際教育支援協会との間に結ばれる団体契約の保険で、全国国立大学法人の100%が加入登録しています。

 

(Aタイプ・通学特約付)

保険の種類

正課中・学校行事中

課外活動中
キャンパス内休憩中

通学中
学校施設等相互間の移動中

死亡保険金

2,000万円

1,000万円

1,000万円

後遺障害保険金

程度に応じて
120万円~3,000万円

程度に応じて
60万円~1,500万円

程度に応じて
60万円~1,500万円

医療保険金

治療日数1日以上
3,000円~30万円

治療日数14日以上
3万円~30万円

治療日数4日以上
6,000円~30万円

入院加算金
(180日を限度)

1日につき4,000円

 

 

 

(2)学生教育研究賠償責任保険(略称:学研賠)

 

本保険は、学研災に付帯する保険で、国内外において、学生が、正課中、学校行事中、課外活動中(大学から承認を受けた学内学生団体が行うインターンシップ又はボランティア活動)及びその往復途中で、他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊したことにより被る法律上の損害賠償を補償します。上記の学研災に加入していることが加入の前提となります。

 

(Aコース<学生教育研究賠償責任保険>)

対人賠償と対物賠償    合わせて1事故につき1億円限度(免責金額0円)

 

 

○保険料

学 部

大学院

学部・大学院

(昼間部)

大学院

(夜間部)

法科大学院

保険期間

1年

2年

3年

4年

2年

3年

2年

3年

学研災

1,000円

1,750円

2,600円

3,300円

750円

1,100円

1,750円

2,600円

学研賠

 340円

 680円

1,020円

1,360円

680円

1,020円

法科賠

3,280円

4,920円

合計

1,340円

2,430円

3,620円

4,660円

1,430円

2,120円

5,030円

7,520円

 

※退学(1~3年次)や休学(1年以上)をする場合は、その期間分の保険料を返還できますので、学生支援課窓口まで申し出てください。

 

 

○加入手続

加入案内は、通常入学手続書類に入っていますが、学生支援課でも配布しています。窓口で「加入者のしおり」と「払込票」を受け取り、郵便局より保険料を払い込んでください(別途、払込手数料がかかります)。払込日翌日午前0時から補償開始となります。

進学する場合(学部生から修士課程、修士課程から博士課程)は改めて加入申込みをする必要があります。

 

 

○加入証明書の発行

保険証券(加入証)は発行されないため、加入手続後は「加入者のしおり」を卒業時まで保管してください。

インターンシップ先、介護実習先に本保険の加入証明書の提出が必要な場合は、窓口で「保険加入証明書交付願」に必要事項を記入し提出すれば、加入証明書を発行します。ただし、個人でインターンシップに参加する場合は、「インターンシップ実習届」をキャリア支援室へ必ず提出してください。提出のない場合は、保険加入証明書を発行されていても、学研災及び学研賠が適用されません。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

○保険金請求手続

事故があった場合は、下記の手順に従って、請求の手続を行ってください。

 

1.学生支援課窓口で加入確認と事故の報告を行い、保険金請求書類を受け取ってください。

 

2.東京海上日動火災保険㈱へ速やかに事故報告をしてください。報告が遅れた場合には、保険金が減額されたり支払われないことがあります。

学研災→こちらをご覧ください

学研賠→東京海上日動担当損害サービス課(0120-868-066)に電話

 

3.治療終了後(学研賠は、相手との示談終了後)速やかに、保険金請求書類に必要事項を記入し、各種証明印を取り付けて、学生支援課に提出してください。

 

4.提出された書類は、学生支援課にて加入証明をします。

 

5.学生支援課にて加入証明後、保険金請求書類と保険会社送付用封筒をお渡しするので、切手を貼付して郵送してください。

 

※学研災の場合、通学途中の事故は「通学中事故証明書」、学校施設等相互間の移動中の事故は「施設間移動中事故証明書」の提出も必要となります。

 

※学研災の場合、支払保険金額が10万円以下のときは、医師の診断書は不要となりますので、「治療状況報告書」に必要事項を記入し、診察券(写)又は治療の領収書(写)を添付してください。

 

※学研賠の場合、往復途中での事故は、「付帯賠責往復事故証明書」の提出も必要となります。

 

※学研賠の場合、示談に際しては、事前に東京海上日動企業火災新種損害サービス課と十分にご相談ください。

 

 

 

(3)学研災付帯学生生活総合保険(略称:付帯学総)

 

「学研災」に「付帯学総」をプラスすることで、補償範囲が学生生活全般に拡大されます。学生生活24時間の事故(ケガ)や病気、法律上の賠償責任を負った場合に備えるため、団体割引30%が適用されている付帯学総に加入されることをお勧めします。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

Share On