プリント

ESADE Law School(スペイン)と学生交流協定を締結しました

 

2019年12月、一橋大学は、スペインのESADE Law Schoolと学生交流協定を締結しました。バルセロナにある同校キャンパスにおいて、Eduardo Berché 院長と蓼沼宏一学長が協定書に調印しました。

ESADE Law School は、スペインだけでなくヨーロッパの大学ランキングでも最上位クラスの評価を受けています。法律学に加え、グローバル・ガバナンス(国際関係学)、経済学などを広くカバーしており、英語による授業も豊富です。

ESADE Law School にとって、本学は日本で初めての学生交流提携校となりました。本学はすでに ESADE Business School とも提携があり、今回の協定によってさらに幅広い分野での交流が可能となりました。

ESADE Law School への留学は、一橋大学海外派遣留学制度を通じ、毎年2名の派遣が予定されています。

 

協定書を交わす蓼沼学長とBerché 院長
協定書を交わす蓼沼学長とBerché 院長

アーカイブ

Share On