プリント

第51回内藤章記念賞論文入選者の表彰式を行いました

2019年3月18日(月)、学位記授与式当日、法人本部棟7階大会議室にて、第51回内藤章記念賞論文入選者の表彰式を行いました。

内藤章記念賞は、東京高等商業学校、東京商科大学において、銀行論、金融論、貨幣論等の講義を担当された故内藤章先生の門下生が、昭和42年12月、本学学生の金融論、貨幣論等の研究を奨励するため、一橋大学に内藤章記念賞基金を寄付され、毎年1回、広く学部及び大学院の学生から論文を募集するものです。

今回は、商学部生3人、商学研究科修士課程の大学院生3人、経済学研究科修士課程の大学院生2人の計8人から応募がありました。そのうち、【学部】1等1編、2等2編、【修士課程】1等1編、2等3編、佳作1編の入選となりました。

表彰式に出席した入選者には沼上幹理事・副学長(教育・学生、大学経営戦略担当)から表彰状、記念メダルが授与され、また1等、2等には副賞の目録が贈呈されました。

その後、審査員の三隅隆司経営管理研究科教授、安田行宏経営管理研究科教授から講評と励ましの言葉がありました。

第51回内藤章記念賞論文入選者

第51回内藤章記念賞論文入選者

学部
1等 日本企業によるM&Aの決定要因 ~政策不確実性の観点から~
大内 敬太(商学部 4年 )

2等 Bitcoin システムデータの基礎研究
春田 拓海(商学部 4年)

2等 日本のクラウドファンディングにおけるゴールグラデーション効果の実証分析
五十嵐 さやか(商学部 4年 )

大学院 修士課程
1等 確率微分方程式の高次弱近似に対する漸近展開を用いた制御変数法
-オプションのプライシングへの応用-
岡野 祐典(経済学研究科 修士課程1年 )

2等 再帰的選好と確率的ボラティリティの下での均衡における金利の期間構造
山口 滉平(商学研究科 修士課程2年)

2等 銀行の預貸利鞘の決定要因:有価証券関連業務の視点から
山田 佳美(商学研究科 修士課程2年)

2等 銀行の合併が銀行行動に与える影響の分析
野口 翔右(商学研究科 修士課程2年)

佳作 世界金融危機時の中小企業の倒産要因の研究
~中小企業の借り入れ需要のクラウディングアウトは存在したか~
野田 峻暉(経済学研究科 修士課程2年)

アーカイブ

Share On