プリント

「一橋大学経済学研究科 帝国データバンク企業・経済高度実証研究センター」を設立します

一橋大学は、株式会社帝国データバンクと「一橋大学経済学研究科 帝国データバンク企業・経済高度実証研究センター」を共同で設立することを平成30年3月27日(火)に発表しました。

一橋大学内に設置されるこのセンターでは、学内外の研究者らが帝国データバンクの持つ日本企業100万社のミクロデータを用いて、日本の企業行動・産業構造・地域経済等とその長期的な変化に関する高度な実証研究を行い、研究成果を国内外に発信することとしています。当センターのセンター長には経済学研究科長の岡室博之教授、副センター長には帝国データバンクの後藤健夫取締役産業調査部長が就任します。

「一橋大学経済学研究科 帝国データバンク企業・経済高度実証研究センター」設立発表会左より、小塩隆士経済研究所長、中野聡副学長、岡室博之経済学研究科長、後藤健夫取締役産業調査部長(帝国データバンク)、北村慎也産業調査部先端データ分析サービス課長

アーカイブ

Share On