プリント

野中郁次郎名誉教授が「Lifetime Achievement Award(生涯功労賞)」(カリフォルニア大学バークレー校ハースビジネススクール)を受賞しました

 野中郁次郎名誉教授が、2017年11月3日にカリフォルニア大学バークレー校ハースビジネススクールより「Lifetime Achievement Award(生涯功労賞)」を受賞することになりました。野中名誉教授は、知識経営(ナレッジマネジメント)という新しい領域を開拓して世に広め、製品開発やイノベーションにおいて知識創造がいかに重要かという研究の第一人者としての役割を果たしてきました。

「Lifetime Achievement Award(生涯功労賞)」(カリフォルニア大学バークレー校ハースビジネススクール)は、カリフォルニア大学バークレー校における最高の賞であり、プロフェッショナルな功績を挙げ、社会に影響を与えた卓越したリーダー達にのみ捧げられるものです。その選定条件は厳しく、これまで、この賞は資本家で博愛主義であるウォレン・ヘルマン、ブラム・キャピタルパートナーズ代表のリチャード・ブラム、世界銀行頭取のトム・クラウゼン、レヴィ・ストラウスのCEOピーター・ハース、のわずか4人しか受賞していません。その中で、野中名誉教授はこの賞を受賞する最初の学者となります。
 
バークレー校ハースのビジネスイノベーション研究所と、知的資本経営の研究・教育機関であるタッシャ―センターは、本年11月の受賞式典に続き、2018年に野中名誉教授の名前を題した記念論文集の発行を予定しています。

アーカイブ

Share On