プリント

雑誌『一橋』第52号 原稿募集要項

雑誌『一橋』発行の趣旨

雑誌『一橋』は、前期学生の自由な研究・創作活動の成果を募集して、毎年1回刊行される前期唯一の発表機関であって、1961年の創刊以来、すでに51号を重ねています。
諸君がこの雑誌をいわば前期学生全体の共同の広場として、一層有効に活用すべく、論文、創作その他、若々しい力作を寄せられるよう希望します。
また、入選者は「一橋大学学生表彰細則」に伴い、学生表彰の基準に該当するので、多くの学生の応募を募ります。

募集要項

  1. 部  門
    A、B2つの部門に分け、各部門で審査を行い、入選を決める。
  2. (1) A部門 :一般募集による原稿を対象とする。

    a 内 容・形 式 論文であると創作であるとを問わない。
    b 字 数 1篇20,000字以内。(40字×40行を目安にA4用紙12.5枚程度)
    c 執筆上の注意
    (イ) 応募者(又は団体)自身の研究・創作であること。
    (ㇿ)論文などは、主要な文献及びその引用個所を明示する(ページを示す)こと。
    (ハ) 鉛筆書きの原稿は受け付けない。
    d 入選は2篇以内とする。

    (2) B部門:ゼミ又は講義担当教員が学生に課した提出レポート、小論文等のうち、その教員が雑誌『一橋』に掲載するに値すると判断し、かつ推薦した原稿を対象とする。

    a 字 数 1篇4,000~12,000字程度。(40字×40行を目安にA4用紙2.5~7.5枚程度)
    b 執筆上の注意 A部門に同じ。
    c 原稿とあわせて、当該ゼミ又は講義担当教員の推薦書を提出すること。
    d 入選は2篇以内とする。

  3. 応募資格
    本学 前期学生であること。
  4. 締め切り
    A部門 2017年1月末日(郵送の場合は、当日消印有功)※厳守
    B部門 2017年2月末日(郵送の場合は、当日消印有功)※厳守
  5. 入選発表
    A部門 2017年5月末日(予定)
    B部門 2017年5月末日(予定)
    掲示発表とともに本人にもこれを通知する。また、7月上旬に表彰式を行う。
  6. 表  彰
    A部門 入選作に賞金3万円
    B部門 入選作に賞金1万円
  7. 審  査
    学士課程教育専門委員会
  8. 発行予定
    2017年7月
  9. 応募・照会先
    教務課窓口(教育企画係)
  10. 応募上の注意
    (1) 別紙に、学部・学年・学籍番号・氏名(フリガナ明記)・現住所・標題を明記して添付すること。
    (2) 応募原稿には、必ずページを記入すること。
    (3) 応募原稿には、標題をつけ、表紙の左肩に「雑誌『一橋』第52号応募原稿」と朱書すること。
    (4) 応募原稿は、原則として返却しない。
    (5) 応募原稿は、二重投稿しないこと。なお、二重投稿が判明した場合は、雑誌『一橋』への応募を無効とする。
    (6) 応募原稿提出後の標題変更は、原則として認めない。
    (7) 不明な点又は詳細については、学務部教務課教育企画係に問い合わせること。

    一橋

平成28年7月

Share On