プリント

多摩地区5大学単位互換制度/津田塾大学・一橋大学単位互換制度

「多摩地区国立5大学単位互換制度」・
「津田塾大学・一橋大学単位互換制度」による国内留学について

多摩地区国立5大学(東京外国語大学・東京学芸大学・東京農工大学・電気通信大学及び一橋大学)並びに津田塾大学と一橋大学は相互の交流と教育課程の充実を図ることを目的として単位互換を実施しています。

平成21年度の規則改正に伴い、夏学期に加えて冬学期も募集を行なうことになりました(津田塾との単位互換制度は除く)。

この単位互換制度は、各大学でのカリキュラム中、指定された授業科目を在学中通算して60単位(卒業要件単位としては自由選択の単位に算入する)を超えない範囲で履修するものです。「一橋大学派遣学生・派遣留学生規則」も必ず参照してください。

この制度により本学から他大学へ送り出す学生を「派遣学生」、本学が他大学から受け入れる学生を「特別聴講学生」といいます。

I 募集時期

夏学期募集を1月下旬に、冬学期募集を7月に教務課前掲示板に掲示します。

II 単位の認定方法

一橋大学派遣学生・派遣留学生規則第4条でいう国内留学期間中の単位の認定は、以下の方法によってなされるものとする。

  1. 国内の他大学において単位認定を受けた授業科目は、国内交流科目として扱い、卒業要件の単位としては、自由選択の単位として扱う。
  2. 国内の他大学において単位認定を受けた授業科目の成績は原則として、当該大学の授業科目名単位をそのまま表記し、評価を本学評価基準に対応させて記載する。

Share On