公開講座

開催案内

平成29年度一橋大学公開講座「統計と日本の近代化」


  日本が近代国民国家を形成するにあたり、支配する国土、住民等を数量的に把握するため、
  明治国家は西欧から統計学及び統計調査の技法を輸入して、それらを日本に根付かせてい
  く必要がありました。欧米列強による植民地化の危機が迫る中、それは急を要する仕事で
  した。
  今回のシンポジウムでは、このように西洋から輸入された統計学はどういったものだった
  のか、統計調査を実施する専門家たちはどのように養成されたか、そして調査実施のあり
  方は時代とともにどう変化したかという3つの側面から、日本の近代化における統計調査
  制度の形成の過程を見ていきます。

日時 2017年12月2日(土) 14:00開演(13:30開場)
会場 一橋大学 国立西キャンパス 本館21番教室
アクセスの詳細は、こちらをご覧ください。(建物地図⑩)
参加申込 無料・定員250名
申込受付開始は10月2日(月)9時からとなります。

※上記お申込みにより取得した情報は、個人情報保護の観点から厳重に管理いたします。
本学の講演会・シンポジウム等のご案内以外に利用することはありません。

プログラム

14:00~ 開会挨拶    佐藤 正広   一橋大学経済研究所教授
14:05~ 講演  「第1回国勢調査と日本の統計学」
   上藤 一郎   静岡大学人文社会科学部教授
14:45~ 講演 「日本における統計実務家の養成」
   佐藤 正広   一橋大学経済研究所教授
15:25~ 休憩 (10分間)
15:35~ 講演 「統計調査において戦前と戦後の間で起こったこと」
   山口 幸三   京都大学大学院農学研究科特定准教授
16:15~ 討議・質疑応答

   上藤 一郎   静岡大学人文社会科学部教授

   山口 幸三   京都大学大学院農学研究科特定准教授

   佐藤 正広   一橋大学経済研究所教授

16:55~ 閉会挨拶   佐藤 正広   一橋大学経済研究所教授

主 催 国立大学法人一橋大学
後 援 国立市、小平市、立川市、国分寺市、府中市、武蔵村山市各教育委員会
お問合せ先 国立大学法人一橋大学研究・社会連携課
〒186-8601 東京都国立市中2-1
メール res-sr.g@dm.hit-u.ac.jp
電 話 042-580-8058 (平日9:00~17:00)
FAX 042-580-8050


過去の公開講座




公開講座について

一橋大学公開講座は下記の要領で実施しております。

実施形態

  • 春季(5,6月頃)、秋季(9,10月頃)の各1講座ずつとする。ただし、いづれか1回の年度もある。
  • 連続講義または基調講演+シンポジウムで実施する。

受講料

  • 連続講義方式の場合は、1講座につき講習料6,400円とする。
  • 基調講演+シンポジウムの場合は無料とする。
  • 納入頂いた講習料につきましては、公開講座運営費に充当させて頂きます。

Share On