プリント

東京工業大学・一橋大学ICS共催 AGL「デザイン思考入門ワークショップ」

東工大生と行う「デザイン思考入門Workshop」の参加者募集

グローバルリーダー教育院(以下「AGL」)は、文部科学省が推進する「博士課程教育リーディングプログラム」の一環として、国際社会でリーダーシップを発揮する人材を育成する目的で、平成23年4月に東京工業大学に設置され、平成24年度には文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム」に採択されました。本プログラムは人文社会分野に強みを有する一橋大学と、科学技術分野に強みを有する東京工業大学による他に例の無い共同プログラムで、一橋大学は人文社会系科目を提供しています。
 AGLでは「道場」と呼ばれる修練の場を中心に教育が行われており、人文社会系・山田道場がイノベーションを起こすための考え方として話題になっている「デザイン思考入門Workshop」を今年度も国立キャンパスで開催します。

昨年度のWorkshopの様子1 昨年度のWorkshopの様子2

本Workshopは「デザイン思考」を構成する5 Stepsを一日で一通り体験し、「デザイン思考」のコンセプトの理解を目指します。従来の知識の積み重ねではなく、先入観に縛られないアイデア出し、プロトタイプによる顧客に潜在するニーズの発掘を通して、イノベーションを生み出すコンセプトを体験する、5時間の集中Workshopです。

■昨年度のWorkshopの様子は、下記をクリック。
http://www.agl.titech.ac.jp/dojo/yamada/h28aglwhats-going-ondesign-thinking-1-day-workshop.html

【デザイン思考とは?】
昨今、イノベーションを生み出す考え方として注目が集まっていて、もともとはStanford大学のd.schoolが提唱しました。「デザイン思考」は“How to”ではなく“Concept”で、新しい発想、問題発見・解決によるイノベーションを起こすための一つの発想法です。プロダクトデザインだけにとどまらず、研究やサービス開発、プロジェクトマネジメントにも応用ができます。米国アップル社、IBM、シスコなど世界的企業でも活用されています。

【開催概要】
■日時:平成29年10月14日(土)11時~16時
■場所:一橋大学・国立キャンパス(東キャンパス) 
    マーキュリータワー 7階「多目的ホール」
■ファシリテーター:柏野尊徳氏(一般社団法人デザイン思考研究所 代表理事所長)
      中村珠希氏(一般社団法人デザイン思考研究所 専務理事)
■参加資格:学部生・大学院生
■主催:東京工業大学 グローバルリーダー教育院(AGL)
■協力:一橋大学大学院 国際企業戦略研究科(ICS)
■定員:約20名(定員になり次第、締め切ります)

【参加希望の方】
必要事項を記載の上、9月29日(金)迄に下記メール送付先へ直接連絡して下さい。
■記載事項
1.氏名(漢字、ローマ字)
2.所属(大学名、学部・専攻、研究室名)
3.学年
4.学籍番号
5.メールアドレス

■メール送付先(問い合わせも)
東京工業大学 グローバルリーダー教育院(AGL) 
特任教授 山田圭介(人文社会系道場・道場主) 
メール:yamada.k.be@m.titech.ac.jp 
電話:03-5734-3116

【グローバルリーダー教育院とは?】
AGLについて詳しく知るには、下記をクリック。
http://www.agl.titech.ac.jp/index.html

Share On