令和元年度第1回一橋大学政策フォーラム
「新興市場経済を考える」

 ブラジル,ロシア,インド,中国の4大地域大国は,21世紀を迎えて,目覚ましい経済発展を遂げました。
BRICsと称されるこれらの国々は,「世界経済の牽引役」として,国際社会から大きな注目を集めていま
す。我が国を含む先進諸国から,大規模な資本投下や技術移転を引き受けると共に,有力多国籍企業がこぞっ
て進出した事実も,これらの国々の有望振りを如実に表しています。しかし,近年は,様々な理由から,これ
ら4カ国の経済活動が変調を来しているのもまた事実です。ダイナミックな経済発展は,新興市場経済の強
みですが,激しい景気変動という弱みも同時に抱えています。今回の政策フォーラム「新興市場を考える」で
は,この問題を,比較経済システム論的な観点から,深く,しかし分かりやすく掘り下げていきます。
ポスター , リーフレット
※この政策フォーラムは、国際交流セミナーを兼ねています。

日時
 令和元年6月22日(土)10:00~16:30(9:30開場・受付開始)

場所
 一橋講堂 中会議室(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階)

お申込み 
 以下のURLからお申込みください。定員に達し次第,締め切らせていただきます。(5月8日受付開始)
  https://hrs.ad.hit-u.ac.jp/v33/entries/add/218

お問い合わせ
 一橋大学経済研究所 経済制度研究センター内事務局
 E-mail: forum190622@ier.hit-u.ac.jp