活動状況

職員海外研修・海外出張報告会を開催しました

 一橋大学では、職員に対しインターンシップを取り入れた実践的海外職員研修を実施しています。この研修は、将来の大学の国際戦略や国際事業を担う職員を世界標準の大学等の国際交流関係業務に実際に触れさせることにより、国際的な視野を広め、資質の向上ならびに専門的知識やスキルアップをはかることを目的とし、平成17年度から実施されています。
 平成21年9月2日(水)に、平成20年度職員海外研修修了者2名の報告会を開催しました。
報告会では国際戦略本部総括ディレクター服部企画調査役から、高等教育の世界的な状況や職員海外研修の意義と概要についての説明があった後、グラスゴー大学(イギリス)に1ヶ月間派遣された職員及びモナシュ大学(オーストラリア)に3ヶ月間派遣された職員が、それぞれ研修の報告を行いました。この研究を修了した職員には、将来、一橋大学の国際交流関係業務等の向上に貢献していくことが期待されています。
 また、あわせて平成20年度に行われた海外出張の報告会も開催され、モナシュ大学(オーストラリア)、ウエスタンミシガン大学(アメリカ)、ロンドン大学アジア・アフリカ研究所/立教英国学院/ENA学習塾(イギリス)、東北育才学校/東北育才外国語学校/大連外国語学院留学服務中心日本部(中国)での業務報告が行われました。

報告会風景