若手研究者海外派遣

担当教員紹介

佐藤 裕(さとう ゆたか)
特任講師、1974年生
兼任:大学院社会学研究科客員准教授
E-mail:pc01868(a)srv.cc.hit-u.ac.jp
研究室:第1研究館1106室
個別相談:
 冬学期は木曜日3限を除く、月〜金の09:00-17:00。
 事前にメールにて予約をお願いします。

担当科目

 
学部・研究科
分野/
科目群
番号
科目名
学期
曜日
時限
大学院
社会学研究科
地球社会特論
4837
4
社会学部
社会動態研究分野
41310
3

主要研究領域

国際社会学、開発とジェンダー、インド地域研究

学歴

1996年3月     専修大学文学部人文学科卒業(文学士)
1999年3月     明治学院大学大学院国際学研究科博士前期課程修了(国際学修士)
2005年3月     東京都立大学大学院社会科学研究科社会学専攻博士課程単位取得満期退学
2006年7月     インド、ジャワハールラル・ネルー大学社会科学部社会システム研究センター博士課程修了 PhD(社会学)

職歴

2006年9月     英国、ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校理学部地理学科発展途上地域研究センター博士研究員(2007年8月まで)
2008年3月     一橋大学大学院社会学研究科特任講師(2010年3月まで)
2009年4月     一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻非常勤講師(2010年4月より客員准教授。現在にいたる)
2009年9月     横浜市立大学大学院都市社会文化研究科非常勤講師(2010年3月まで)
2010年4月     成蹊大学文学部現代社会学科非常勤講師(2010年9月まで)
2010年4月     横浜国立大学教育人間科学部非常勤講師(2010年9月まで)
2010年4月     一橋大学国際化推進室特任講師(現在にいたる)

主要業績

A. 著書・共著等

  • ‘Visual methods for feminist research in development: interrogating poverty and power for social transformation’, in Garcia, M.R. et al. (eds.), Making research visible to the world: celebrating 250 fellows of the Canon Foundation in Europe. Amstelveen, The Netherlands: Canon Foundation in Europe, forthcoming November 2010.
  • ‘Power in participatory development: NGOs, gender and the unequal social relations in the slums of Ahmedabad’, in M.N. Panini (ed.) Development and its social repercussions. New Delhi: Orient Longman, forthcoming 2010.
  • ‘Urban change, gender and the limits of social transformation: evidence from the slums in Ahmedabad’, in S.R. Ahlawat (ed.) Economic reforms and social transformation, pp 365–90. Jaipur and New Delhi: Rawat Publications, January 2008.
  • Urban poverty, women’s empowerment and grassroots organisations: a sociological study of selected slums in Ahmedabad, India. unpublished PhD thesis, New Delhi: Centre for the Study of Social Systems, School of Social Sciences, Jawaharlal Nehru University, July 2006.

B. 論文

  • ‘Towards public-civil society partnerships in poverty alleviation: urban restructuring and the changing role of NGOs in Ahmedabad, India’, CEDAR Working Paper 42, Egham: Centre for Developing Areas Research, Department of Geography, Royal Holloway, University of London, November 2009.
  • 「居住改善事業における住民参加の現状と問題点――インド,アーメダバード市『スラム・ネットワーキング計画』の事例から」『地域社会学会年報』第12集,2000年5月,159–182頁.
  • 「コミュニティ参加における貧困女性の意識変化と女性組織――インド,アーメダバード『スラム・ネットワーキング計画』の事例から」『国際開発研究』第10巻第1号,2001年6月,1–18頁.

C.その他

〔口頭発表〕

  • 個別研究と競争――研究構想,調査資金獲得,論文執筆,求職をいかに支援するか」一橋大学大学院社会学研究科 公開シンポジウム『人文社会系大学院におけるキャリアデザイン――どのような教育モデルが求められているのか』報告,於 如水会館,2010年2月23日.
  • ‘Towards individualised empowerment: decentralisation of urban governance, NGOs and the unequal gender relations in the slums of Ahmedabad, India’, paper presented at the International Sociological Association RC21 (Sociology of Urban and Regional Development) Tokyo Conference, International House of Tokyo, 18 December 2008.
  • Urban restructuring and the changing political terrains of poor women’s activism: the SEWA movement in Ahmedabad, India’, paper presented at the International Sociological Association RC47 (Social Classes and Social Movements) International Conference, University of Rome, 29 June 2006.
  • ‘Towards public-private partnerships in poverty alleviation: urban restructuring and the changing role of NGOs in Ahmedabad, India’, paper presented at the Annual Conference of the British Association for South Asian Studies, St Catherine’s College, University of Cambridge, 28 March 2007.
  • ‘Community participation, gender and urban change: evidence from the slums of Ahmedabad, India’, paper presented at the Annual Workshop of the British Association for South Asian Studies, University of Bath, 22 November 2006.
  • ‘The social construction of gendered poverty: a qualitative analysis of women’s participation in community development in Ahmedabad’, paper presented at the 31st All-India Sociological Conference, Indian Sociological Society, University of Jammu, 26 October 2005.
  • Urban poverty, women’s empowerment and the local state: the case of public-private collaborated community development in Ahmedabad’, paper presented at the 18th European Conference on Modern South Asian Studies, Lund University, Sweden, 7 July 2004[査読付国際会議論文]
  • 「都市の貧困と草の根組織――産業都市アーメダバード(インド)の経験から」日本都市社会学会20周年記念大会テーマ部会(アジア都市の可能性――居住環境の改善とコミュニティ形成)報告,於 久留米大学,2002年9月8日
  • 「都市再編と地域社会構成の変化――新規流入層の社会的属性をてがかりに(品川調査報告その4)」第19回日本都市社会学会自由報告,於 北海道大学,2001年7月9日
  • 「『住民参加』における都市貧困女性のエンパワーメント形成――インド,アーメダバードの事例から」国際開発学会2001年特別研究集会自由報告,於 国際協力事業団国際協力総合研修所,2001年6月16日
  • 「スラム改善事業における住民参加と女性組織――インド・アーメダバードの事例から」第72回日本社会学会大会自由報告,於 上智大学,1999年10月10日

〔研究・調査報告書〕

  • 一橋大学大学院社会学研究科編『平成19年度〜21年度「キャリアデザインの場としての大学院(入口・中身・出口の一貫教育)プログラム」プログラム 成果報告書』一橋大学大学院社会学研究科,2010年3月,91–114; 117–118; 127–129; 295–314; 323–330頁
  • インド留学に関して――博士課程・研究者対象」日本学生支援機構編『海外留学ハンドブック(インド)』日本学生支援機構,2006年3月,98–110頁.
  • 「都市再編と地域社会構成の変化――新規流入層の社会的属性をてがかりに」玉野和志編『都市コミュニティの社会的形成過程に関する実証的研究』平成10〜12年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書,2001年1月,81–92頁.

研究プロジェクト等

〔外部資金〕

  • 文部科学省科学研究費 若手研究(B) (22730386)(2010年度〜2012年度) 
    研究課題は「インドにおける都市再編と貧困女性の社会関係資本に関する実証的研究」。
  • 欧州キャノン財団研究フェローシップ(2006年9月〜2007年8月)
  • スウェーデン南アジア研究ネットワーク「旅費・宿泊費等の助成」(2004年7月6日〜9日)第18回ヨーロッパ近代南アジア研究会議(於 ルンド大学)への出席に対して。
  • (財)国際開発高等教育機構研究フェロープログラム短期フィールドワーク助成金研究課題は「インド都市部低所得層女性のエンパワーメント形成とNGO――アーメダバードの事例から」.期間は2003年1月13日〜2月17日.
  • インド政府奨学金(2001年8月〜2006年7月)

資格等

  • 社会調査協会認定 専門社会調査士(認定書第001239号,2007年10月)
  • 英国高等教育学士院認定 ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校教育開発センター
    「学習促進のための教育技能認定書」(2008年3月)